● MKWorksのホームページはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

恐竜展!

小学生の時、
映画『ジュラシックパーク』を見て大ショックを受けた。
あれはもはや『鑑賞』ではなく『体験』だった。
RIMG0046_20100925012147.jpg
それから恐竜への興味に火がついた
中学生になる頃には、マイケル・クライトン著の原作本『ジュラシック・パーク』と
『ロストワールド』を何度も読み倒し、バイオテクノロジーの可能性と驚異に
脳を刺激され、生物の進化の歴史に興味を持った。
私自身、非常に熱しやすく冷めやすいタイプなので、いったん興味を持ったら
しばらく止まんない
全力疾走の研究と調査が始まる

恐竜への興味は高校へ入っても止まらず、
放課後は地元の中央図書館の入り口付近にある、子供用の絵本だとか
図鑑だとかが置いてあるコーナーに、制服姿のまま
幼児にまじってしゃがみ込み、夢中で恐竜の名前を覚えた。
そしていくつかに意見が分かれている絶滅の原因に関しての専門書を読み漁った。
図書館のおねえさんの視線が痛かった…。

しかしその後、ひとしきり情報と知識を得たら、
満足したのか燃え盛っていた炎が少しずつ落ち着いていった。
そして、恐竜への想いは引き出しの奥へとしまわれていった。
……かと思いきや、新しい恐竜化石が発掘されたり、
最古だと思われていた肉食恐竜よりも更に古いと思われる
新種が発見されたりとかのニュースを知るたびに、
新聞の記事を切り抜きスクラップする私がいた(笑)。

恐竜が好きだったクセに、1度も行った事のなかった恐竜展覧会。
興味を持ち始めて17年、ようやく、しかも開催期間終了目前に、
六本木で開催中の、『地球最古の恐竜展』へ行ってきました

RIMG0042_20100925012817.jpg
さすが2010年 単なる展示ではなく、子供にも理解できるように
エンターテイメント性のある魅せ方で、解説文や映像にも飽きのこない
様々な工夫が凝らされていた。
たのし♪たのし♪
閉館後にはナイトミュージアムと題して、懐中電灯もって館内をめぐる
バージョンもあるとの事。
そうね。映画力しっかり利用しなきゃね☆
ユニバーサルピクチャーズと20世紀フォックスの効果で、
集客数アップさせて、来年もクオリティ高い恐竜展が実現するよう、
願う夏の終わりでした
18:14 | 記憶ばなし | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。