● MKWorksのホームページはこちら

はちみつマニア

好きなものは沢山ある。
数え切れないほどある。数えだしたら喋り止まらぬほどある。(迷惑。)

はちみつ諸君
それらの好きなものの中で5本指に入るのが、蜂蜜。
あぁもう、言葉にするだけで嬉しいや。はちみつ
琥珀色の輝き、とろ~りと甘く香る風味、人間には作り出せない自然界のご馳走。

スーパー等で売っている蜂蜜、安いけれども7割は水飴と砂糖で水増しされている。
それも決して悪いとは思わないけれど、100%純正のハチミツを
1度食べてしまったら、これはもうヤミツキになります

百花蜜(複数の花から採れた蜜をブレンド)が無難で
誰もが美味しいという感じだけれど、
ラベンダーとか、ラズベリーとか、みかんとか、ひまわりとか、
とちの木とか、クリの木とか、もみの木とか、樫の木とか……。
実に様々な花の蜜や樹液のハチミツがあり、味も香りもすべて異なる。
その花や果実の香りがふんわり香るものもあれば、
その花の香りとは全く違う香りがするものもある。

例えばラベンダーの花からとれたハチミツは、口に入れた瞬間、
桜餅のような匂いが鼻から抜ける。
もはや味付け担当やトッピング担当ではなく、
ハチミツ単体で、充分立派なスイーツである。

普段は値段が決して安くはないため、
1瓶(小瓶)買って、なくなったら瓶を持参して量り売りしてもらって…とか、
誕生日プレゼントに貰ったりとか、自分に御褒美で買ったりとかであったが、
いま現在、待ちに待った年明けハチミツ福袋がある!!
大好きなハチミツ専門店で年始に1セット買ったけれど、
別店舗に行ったら違う組み合わせにしており(中身を公開してるから選べるの
はしゃぎたい気持ちを抑えるので大変でした。

1瓶1瓶を少しずつ大切に使うのも、ささやかな楽しみだったけれど、
こう揃うと嬉しいなぁ…
はちみつコレクターのようだ(笑)。

もし、宝の山と 蜂蜜の山があったら、
船長が宝の方に行っても、私はまっすぐ蜂蜜の山の方に行くね絶対。
船長ごめん。海賊クビになってもいいから。

流れ星!!
『いつか蜂蜜のプールで、ハチミツ飲み飲み泳げますように!!』
20:58 | 自己紹介 | edit | page top↑