● MKWorksのホームページはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

都内帰郷

モカ

大学時代、雨が降るといつも足を運んだ喫茶店『モカ』。
学校の中では、集団でもの作りをしたり、
友人とお喋りしたり会議したり、そういう時間が多かった。
色んな考えと意見が交差する賑やかな時間も好きだけど
でも本当は1人で静かに、時計の針が秒を刻む音を聴き、
時間がゆっくりゆっくりと流れていくのがたまらなく好きで、
その中に身を置きたくなると、いつもここに来てた。

先日江古田に行く用事があったので、久し振りに懐かしのこの店へ向かった。
2階の右端が私の好きな席。
雨の日も窓はいつも開けられていて、シトシトと静かに落ちてく雨音が聞けた。
それを耳にしながら本を読むのが、最高にやさしい時間だった。

たいてい常連さんは1階カウンターだから、2階はいつも誰もいない。
丁寧に作られたココアと静かな雨音。そして古い家具に囲まれた空間。
馴染みのお店が次々に姿を消していっている江古田だけども、
このお店だけはずっと残っていて欲しい。
20代の私がいる大切な場所。

そしてもう1軒、好きな喫茶がある。
江古田住人なら殆どの人は知っているであろう『ぶな』。
ぶな
カウンター棚に並ぶ沢山のカップの中から、
好きなのを選んで淹れてもらえる有名な喫茶店。
大学4年の時に、珈琲研究会サークルに所属していた友人に
連れて行ってもらったのが最初の来店。お店の人が実に優しいのです。
以前、このブログにも登場したこと、あったね過去の記事
今回は満席であったため、残念ながらお見送り。

30分時間が余ってしまったので、裏道散策。気持ちは地井さんぽ。
タイ焼き屋さん
思えばここのタイ焼き屋さんから、私のタイ焼き好きが
始まったのだったと思い出す。
2年生の時に、図書館前で荷物番していた私に
『おまたせー、おみやげー』と親友が買ってきてくれたのが始まり。
その時あんこの中に、店の焼き手であるおばあさんの白髪が入っていたけれど
それも今ではいい思い出。江古田スタイル。
そのトッピング(?)を除けば、最高に美味しい逸品である。

ひと通りの思い出巡りをして、その後 江古田に住む旧友と会い、
店名の書いていない真っ白な看板が出ている店を見つけ、
いい度胸してるじゃん!ってことで試しに入ったら
中のメニューには普通に店名書いてあって、そんな素朴な笑いごとが
今日の締めくくりに相応しい感じがして、なんだか嬉しかった。
懐かしい20代前半の自分よ、またいつか☆
17:50 | 記憶ばなし | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。