● MKWorksのホームページはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

公演チケット発売開始

私が宣伝美術(チラシ・パンフ制作)として関わっている公演の
チケットが、先日発売開始になった☆
作者も演者もなかなかの台詞量と日々闘っている模様。

書き手の原田ゆう氏は、戯曲『見上げる魚と目が合うか?』で
200本の応募作のなか、第18回(2012年度)劇作家協会新人戯曲賞を
見事受賞された期待の作家さん。
先日、顔合わせ&本読みの場に同席したのだが
もう1人の書き手、吉田康一氏と共通する空気を直に感じた。
それは言葉というパーツへのこだわり。
吉田氏の作品も、一筋縄ではいかない言葉の使い方をする。
それは詩のようでもあり、なぞなぞのようでもある。
シンプルなのか難解なのか、噛めば噛むほど…
もとい体感すればするほど面白味が出るのである。

言葉って、語尾や反復などの使い方によっては
作品を良くも悪くもするし、人物描写や空気づくりにも使えるいい素材だ。
上記の2人は、そこへの興味の深さが合っていて
今回の2本立て公演は、なんだか必然だったような気がした。

小さな劇場、小さな公演。
しかしながら、それは可能性を豊富に含んだ大きな原石。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

原田ゆう×吉田康一 新作2本立て戯曲公演
『浮いていく背中に』×『たぶん顔がわり』
チラシ おもてチラシ うら
『浮いていく背中に』
【作・演出】原田 ゆう
【キャスト】大石 丈太郎/小泉 芽由紀/渡邉 亜希子

『たぶん顔がわり』
【作・演出】吉田康一(Antikame?)
【キャスト】宇原 智茂/加古 みなみ/檀上 太郎(g-クラウド)

【スタッフ】
音響・サウンドデザイン……山口 紘
照明デザイン……松本 永
照明操作…………松本 しゃこ
宣伝美術…………MK Works(エムケー ワークス)
舞台監督…………宇原 智茂
企画制作…………Antikame?
当日運営…………吉田 千尋(ゲキバカ)
制作協力…………石田 道子
協  力…………バウスプリット㈱

●会場…RAFT(東京都中野区中野1-4-4 1F)
JR線・大江戸線   「東中野駅」西口から徒歩13分
丸の内線・大江戸線 「中野坂上駅」A2出口から徒歩10分

●公演スケジュール(※受付開始は開演40分前。開場は開演30分前)
・12/13(金) 14:00/19:00
・12/14(土) 14:00/19:00
・12/15(日) 13:00/18:00

●チケット料金(日時指定・全席自由) ※発売中!
前売2,500円 / 当日2,800円

●御予約
下記3つの内、どの方法でもお申込み頂けます。
★MKWorksのHPメールフォームから。 ※氏名・ご希望日時・人数を御記載下さい。
Antikame?のHPから。
CoRichチケットサイトから。
13:06 | チラシのお仕事 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。