● MKWorksのホームページはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『アートな切手展』

明日から限定6日間
世田谷美術館にて行われる『アートな切手展』に参加致します☆

切手という指先ほどの小さな世界に、各作家がイメージを閉じ込めました。
誰かに手紙を送りたくなる…そんなコミュ二ケーションが広がる企画展です。
もちろん世界に唯一のオリジナルデザイン。
切手のもとになった原画も同時展示いたします。

展示販売されている切手は、実際に切手として使う事ができます
近年見直されつつある『手紙』という優しい手段に、
そっと華を添えてみませんか

MKWorksの出品作は、下記の通りです。
80円切手 & 便せん & 封筒 のレターセット
原画 刺しゅう作品(額入り)

原画 RIMG0194_20121029204318.jpg
原画 刺しゅう額
(鉛筆も刺繍で作られています。)

レターセットのテーマは、『懐かしさ』。
秋風を感じて ふっと思い出すような、そんな懐かしい記憶をイメージし、
アンティーク色で染め上げました。
手紙を書く人も、もらった人も
ふんわり優しい気持ちになりますように…
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さいませ


『アートな切手展』 in 世田谷美術館
【期間】2012年10月30日(火)~11月4日(日)
【場所】世田谷美術館区民ギャラリーA(砧公園内)
    東京都世田谷区 砧公園1-2 砧公園内  交通案内はこちら

【時間】11:00~18:00  ※10/30(火)は15:00~/11/4(日)は16:00まで)
【TEL】03-3415-6011
スポンサーサイト
20:56 | イベント | edit | page top↑

お化け屋敷 in 川越まつり

先週の土曜日、川越まつりに行ってきました☆
今回が初めてだったのだが、いや~規模の大きいこと
露店好きの私にとってはウハウハの、もの凄い数の露店数。
鼻血もんです。

足を運んだ目的はこれ!
川越まつり
お、いい悲鳴が聞こえました(笑)。
そう、お化け屋敷
歴史を感じます。趣きたっぷりのこの幕。
やっぱり和風のお化け画は…怖いです

入り口では沢山のお化け達が客を誘い、子供をビビらせていました。
ろくろ首は伸びるし、ジャーアアンっとドラは鳴ってるし、
幽霊は頭上を飛び交うし。
川越まつり2

いやはや、楽しませて頂きました
日本の夏は、お化け屋敷あってこそ。
風情と興奮満喫のおまつりでした☆
12:00 | つれづれ | edit | page top↑

ビーチボーイズ50周年ライブ

8月1日~9月30日の2ヶ月に渡って、
渋谷の西武百貨店サンイデーにて開催した『テーブルマルシェ』。
お陰さまで無事に参加会期が終わりました☆

お越し下さった方々、お立ち寄り下さった方々、
ありがとうございました
1ヶ月ぶりのブログ更新となってしまいましたが、
MKWorksは、しっかり歩みを進めております。
刺繍を始めて今月で、6年目となりますが
だんだんとスタイルの方向性が少しずつ見えてきたような
気がします(『気』が 気が…ね
これまで沢山の人達に出逢い、様々な経験をさせて頂き、学び、
そしてこれまでの全てのご縁が、貴重な財産となっております。

今夏、大好きなお店と御縁ができたり、
大好きな作品の作り手の方との御縁ができたり、
思いがけない素敵なご依頼を頂いたりなどをし、
実に楽しみの溢れる2012年後半となりそうです

今後もこのまま全力で、熱と想いのある物づくりをして
いきますゆえ、関心ふくむ眼差しのほどを、
どうぞ宜しくお願い致します

話は変わり、
わが人生で最も愛する洋楽 ビーチボーイズ50周年記念 再集結ライブに
行ってきました、先々月に、千葉のマリンスタジアムに
RIMG0176 - コピー
潮の香ただよう、夕暮れどき。
まさに、まさに  最高のぴったしな環境
『なんで都内でやらないのさ!』なんて思ってた自分、撤回!!
RIMG0175.jpg  RIMG0177.jpg
まさかブライアンがメンバーと、同じステージに立ってくれる日がくるとは…
そしてそれをリアルタイムで拝見出来るとは、
ビーチボーイズに どっぷり浸かっていた8年前には
夢にも思わなかった奇跡の展開。
ライブ中、肝心のブライアンはテンション低く、
早く帰りたい雰囲気を、分かりやすいぐらい醸し出していたが(笑)
彼がライブ苦手であることはファン達は承知の上
派手なパフォーマンスより、スタジオで黙々と曲作りをしている方が
性に合ってるのだ。長期ツアーなんて しんどいだろうに。

メンバーらとステージに上がってくれただけで、
その勇気を見せてくれただけで満足です。
ありがとう、ブライアン・ウィルソン

アル・ジャーディンの70歳とは思えぬ、
昔と変わらぬ歌声に驚き&感動。
やっぱり『技術を維持をする』には努力が絶対に必要。
それをストップさせた時点で、質はどんどん下がるものだと思うから。

マイク・ラブが、ブライアンを紹介する時に
『僕のいとこのブライアン』といった時は
正直『逆だろ! 自分を中心にしちゃったよ、このひと』と
突っ込みたくなったけれど、
会場を盛り上げようとしていた姿勢だけは、拍手を送りたい

一番好きな曲、ビーチボーイズを好きになったきっかけの曲、
『Don't Worry Baby』をメンバーによる生演奏&コーラスで聴けた事は
おそらく私の一生の宝になる。
イントロが鳴って会場が わぁっと沸いた時には、涙もぶぁっと出た

その後、ニュースで
マイク・ラヴがメンバーを解雇したと報道されていたが、どうでもよい。
ブライアンが音楽づくりに対して、確実に前向きな姿勢を保っていることが
それが分かっただけで、今回の再集結ライブは最高に価値がある

大好きなアーティストが前へ進む姿は、
私にとって、この上ない喜びであると同時に、
創作の原動力になる。
すばらしき2012年をありがとう。(まだ2ヶ月あるのに/笑)

あと、オープニングアクトに Americaが出演したのには驚いた。
オープニングアクトに出るようなレベルではない、
堂々たるビッグアーティストじゃないか!!
偶然というか必然というか、昨年の夏のブログにちょうど
彼らの代表曲『A Horse With No Name』について書いたし!
大好きな曲だし! とても嬉しいし!
夏の夕涼みには もってこいの
史上最強で最高の共演でした
21:00 | 好きな人たち | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。