● MKWorksのホームページはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

アリスとその仲間

ここ数週間、毎日徹夜でアリス アリス アリス
アリス刺繍の制作で部屋中、ファンタジーに溢れていた。
白ウサギ
アリス奮闘もひと段落つき、部屋も現実に戻し終えた(別名:かたづけ)。

ルイス・キャロル著『不思議の国のアリス』は、
私にとって幼い頃から思い入れのある、1冊だ。

この本は、読む人によって得る魅力が人それぞれ違う。
その世界観、登場人物の滑稽さ、会話のおもしろさ、詩の使い方……。
色々な見方が出来るからこそ、魅力は尽きず、
この話に魅せられる人間も絶える事がない

私にとって、もっとも魅力的に思えるのは
アリスの揺らぐことのない、前向きな姿勢だ。
どんなに不思議なことが起こっても、女王様に不条理な事を言われても、
チョッキを着たウサギが喋っても、猫がニタニタ笑っても、
『だいじょうぶ! 私自身が消えてなくなっちゃう事はないんだから!』と
自分を無くさず、前へ前へと突き進む。
そのアリスの強さが、話全体を迷わせず、まとめ上げている気がする
珠玉の1冊だ。

そのアリスと手芸をあわせた企画書籍『手芸の国のアリス』が
年内に、二見書房から出版されます
いろいろな手芸技法で描くアリス絵本…といった感じでしょうか☆
編み物だったり、粘土だったり、フェルトだったり、ぬいぐるみだったり…。
私は、刺繍担当をしております。
白ウサギ(2種類)とトカゲのビル。(上部の画像は、白ウサギの刺繍)
そして 一番の見どころは
6ページに渡る 連続した アリスのティーパーティー絵巻
横長に一連で描き刺した、帽子屋たちとのお茶会シーンを、
絵具と刺繍をつかって、丁寧に描かせて頂きました。

なんだか不思議な縁を感じます。
アリス・絵具・刺繍……。
自分の人生の中で別々に活きてきた3つの要素が、
ここで1つになるという、偶然のような必然のような……。
すこし背中がぞくっとします。

『手芸の国のアリス』(二見書房)、お楽しみに
スポンサーサイト
12:55 | 制作日記 | edit | page top↑

刺繍カフェ『ひつじとラベンダー くるみボタン』の巻

先週、駒込のmf collection gallery さんにて、刺繍カフェを行いました。
今回の内容は、秋色いっぱいの『ひつじとラベンダーのくるみボタン』。
ふわふわモコモコの羊さん完成に向けて、皆さん、一生懸命に
せっせとフレンチノットステッチで、羊ボディを埋め尽くして下さいました
mf さんのブログに、教室の様子がアップされております ⇒ こちら
ひつじ くるみボタン
おやつには、カレルチャペックのマロンティー、
そして mf オーナーさん手作りの、豆乳シフォンケーキ(オーガニック米粉・
てんさい糖・菜種油を使用)と、かぼちゃクッキーを頂きました
刺繍だけでなく、おやつまでもが秋風味で胸がいっぱいです。あとお腹も☆

教室が終わり、陽の暮れてきた外に出てみると
街全体がラベンダー色に染まってた。
夕焼けの赤と 空の青と 曇りの灰色が見事に中和して
夢の中のように幻想的で、淡く美しい藤の色。

何度も目をこすり、ほっぺをツネってみたけれど……夢ではなかった。
ほっぺ、結構痛かった(笑)。
ラベンダー色の街。
写真に撮ろうとしたけれど、当然ながら映らない。
この繊細な淡い色は、肉眼でしか見る事が出来ないのだろう。
なんとも夢心地な帰路でした☆

次の刺繍カフェは、来月の11月です
mfさんでの年内刺繍カフェは、この11月が最後になります。
簡単なクロスステッチで作る、Xmasオーナメントを予定しておりますので、
初心者の方も是非、お気軽にご参加くださいませ☆

それでは、皆さま
実りの秋を充分に感じながら、心地良いこの季節を満喫いたしましょう
01:16 | 教室のようす | edit | page top↑

手作りレッスン ~イニシャル刺繍~ のお知らせ

フライヤー おもて フライヤー うら
刺繍教室のお知らせです☆

『手作りレッスンの会 

子供のために何か手作りしたいけれど、
何から始めていいのか分からない…。
そんなママたちが集まって、みんなで楽しみながら
その道のプロに 手作りの“いろは”を教わります
 



【 11月5日(土) イニシャル刺繍をたのしむ会 】
花文字アルファベットと、野花を刺繍した くるみボタン2つを
その日のうちに完成させて、お持ち帰りいただけるレッスン。
お子様のイニシャル刺繍をマスターして、手作りの楽しみを広げませんか

イニシャル刺繍【日時】 2011年 11/5(土) 13:00~15:30
【参加費】 ¥3500 (材料費・お茶代込み)
【場所】世田谷ものづくり学校 1階ミーティングルーム1
【地図】 こちら   【主催】 tette
【持ちもの】
シャープペン、トレーサー(またはインクの出ないボールペン)、
糸切りバサミ、10㎝以下の刺繍枠(12㎝以上は不可)

※刺繍枠をお持ちでない方は、
当日会場にて購入可(10㎝枠 ¥560)。
購入希望の方は、予約時にお申し出下さいませ。


レッスン申し込み方法
お名前  お電話番号(当日、連絡のつく電話番号)  参加希望のレッスン名
以上3点を添えて、下記メールアドレスに御連絡下さいませ。
【予約先メールアドレス】 tette.km@gmail.com

【注意事項】
※予約キャンセルは、3日前までに御連絡下さいませ。
 それ以降のキャンセルは、参加料金を頂戴する場合がございます。
 あらかじめ御了承下さいませ。

※お子様連れでの参加も可能です。ただし、シッターの御用意はございません。
 万が一の事故等の責任は、一切負いかねますので、何卒御了承下さいませ。



世田谷ものづくり学校は、旧 池尻中学校。
そう、廃校になった学校を利用して、演劇公演やギャラリーイベントなどを
行なっている、建物リサイクルなのであります
先日、わたしもカンパニーデラシネラ主催の『ロミオとジュリエット』を観に、
校内へお邪魔してきたのですが
中学という懐かしい空間と、発見に溢れるものづくり空間とが共に介在し、
廊下を歩いているだけで、自然と気持ちが高揚してきました。

渋谷方面での刺繍教室は、今回が初めて
ご興味ある方、お近くにお住まいの方、ぜひぜひ遊びにいらして下さい☆ 
一緒に学校探検しましょう! (目的違ってるし(笑)…)
18:01 | 開催のお知らせ | edit | page top↑

花歩 -かぽ-

打ち合わせと称して、
ずっと行きたいと思っていた、谷中の和カフェ『花歩』に行ってきた。
『かぽ』と読むの。

花歩
外観は、完全なる古民家。
路地裏の住宅街にあるので、そして靴を脱いであがるので
親戚のうちにでもお邪魔する雰囲気このうえなし

こういう純和風というか、懐かしさ溢れる日本家屋って、
もう両腕ぶんぶん振って叫びたくなるくらい、
たまらなく好き! 大好きだ。

お庭では蚊取り線香が焚かれており、
心地良い秋風に運ばれて、店内には何とも懐かしい香りが漂っていた。
奥の部屋では、ボンボン時計が鳴っていて、それはまるでもう おばあちゃんち。
ゆるやかで落ち着く空間に胸をトキめかせていたら
打ち合わせを忘れ、おしゃべりに夢中になってしまった
ココア
お茶にそっと添えられた小さなお花。
(あ、この状態で出てきた訳ではないので悪しからず。浮かべたのは私(笑)。
もともとは、ソーサーの上に乗せてあったの。)

こういう小さな演出が、空間全体をもグッと魅力的にさせるのでしょう。
ささやかな演出、気遣い、工夫。
しっかりと胸に刻み込ませて頂きました。

花歩(かぽ)
東京都台東区谷中3-21-8
03-3821-5642
10:30~18:00(L.O.17:00)
月・火・水のみの営業
※近くにあったセブンイレブンは、現在なくなっていたので 地図をみていく方は迷わぬよう要注意。
23:19 | つれづれ | edit | page top↑

ネバーエンディング デザイン

煮詰まってます。ぐっつぐつに。

分かってたつもりだったけれど、
表面的なところでしか理解していなかった事に、気が付いた。
理解が甘かった。じつに甘い

イメージの視覚化。
色が発する、字体(フォント)が発する、配置が発する……イメージ。
極端な話、文字の最後の“ハネ”があるかないかだけで
和風っぽくなるか、洋風っぽくなるかの分かれ道になる。
明度がほんの少し上がるだけで、雰囲気がガラリと変わる。

実はいま、新しいブランドを立ち上げようと奮闘中である。
そのホームページを作ろうという事で、現在デザインを考えているのだが
毎日描いては直し、直しては捨て、
出来たーと安堵し一晩寝て起きたら、気に入らなくて再び描き直す。
それを数週間、繰り返している。

まあまあのラインまではいくのだけれど、“完璧”に到達するには
何かが欠けている。何かが違っている。出来たものもどこか愛せない。
その『何か』は、考えても気分転換しても生まれては来なくて、
もがいてもがいて ジタバタして、脳と直感が交差するほんの一瞬に生まれる。
ただその一瞬は、まばたきした瞬間に目の前から消え去ってしまうから
逃さぬように凄まじく集中していなければならない。

でも、大切なものだから、最高の仕上げにしたい。
ホームページだって立派な1つの作品。
見る方にも、自分にとっても、愛せるデザインにしたいと思う。

奮闘はつづく…
23:48 | 制作日記 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。