● MKWorksのホームページはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

29歳

チューリップたち

本日をもって、29歳となりました。

私にとって10代は、自分に何が向いているかを見つけるため、
気になるもの、好きだと思ったものに片っ端からぜんぶ全力で取り組む期間。
遊ぶのにも必死、勉強にも必死、苦手克服にも必死。
自己探索期間だった。

そして20代は、10代で特に興味を持った様々なものを
改めてじっくり濃く 気の済むまで掘り下げて、仕事への結びつきを考えながらの
人生の基盤作り。理論も実践も、血を吐くほど研究し、体験し、たのしんだ。

その基盤作り最後の年。29歳。
表現手段は、
10代の頃に目指していた媒体とも 20代前半に目指していた媒体とも違うけれど、
表現したい本質・内容は全く変わっておらず、同じだという事に気づいた。
そして、それは今後また使いたい媒体。大好きな手法。
頭の中にあるイメージを形にするのに、表現手段を1つに絞るなんて勿体ない。
各手法には、各利点がある。

20代が終わったら、今度はそれらの手法を使いこなせる腕を磨かねば
勉強できることは、まだまだある。知りたい事も沢山ある。

点がつながり 線となる。
退屈よりも冒険求めて  応用という大海へ いざ出航

上部画像……お友達から頂いたチューリップの花束。
チューリップの部屋 ←こちらはチューリップの小部屋
スポンサーサイト
18:48 | 自己紹介 | edit | page top↑

出張刺しゅう教室

2月25日に、千葉で刺繍教室開催いたします☆
お声かけ下さった方が、
普段なかなか刺繍教室へ参加できない近隣の方々を集めて下さり、
そちらへ呼んで頂きました
生徒さんへのお声かけのほか、ちらし作りから会場の手配まで、
何から何まで もう本当にいろいろ準備して下さって、
ありがとうございますです。恐縮です。

朝がちょっと早いけれど、
この日は1時間でも多く起きて、充実した1日にしたいので
かえって良かった  
1日の隅から隅まで満喫してきます!
遠足気分で、ちい散歩ならぬ、ちば散歩。いってきます
21:43 | 開催のお知らせ | edit | page top↑

都電 ~新宿経由~

母に『都電、刺しゅうして』と依頼されたので、つくってみた。
私は都電には乗ったことはないけれど、亡くなった祖父が都電の運転手だった。
写真の中の、キリリとした制帽姿がよく似合う、若い頃の祖父は実に素敵だ。
残念ながら、私に祖父の記憶は全くと言っていいほどないのだが、
なぜか夢にはよく出てくる。

夢の中での祖父とも話をした事はないけれど、
その優しい表情から、祖父がどんな人だったのか、どんな話し方をする人だったのか、
充分なくらいに、しっかりと伝わってくる。

話して欲しいこと、
訊いてみたいこと、
笑いあって喋りたいこと、
たくさんたくさんあるけれど、それは いつか夢の中で叶えるとしよう。

記憶にはない、けれど大好きな祖父への想いを、懐かしき時代の都電にかえて、
このあいだ祖母から貰ったサラシ布へ、丁寧に籠めた。

母と祖母と私の想い、おじいちゃんへ届け
22:44 | 好きな人たち | edit | page top↑

ゆーきーだー

降ったね降ったね積もったね
雪の被害で困っている地域の方々には、実に申し訳ないけれど
年に1~2回しかお目にかかれない雪に遭遇すると、
やはり、じっとはしていられない。ソワソワしてしまいます。
そうです、はしゃぐのです。

おうちに遊びにきた中学時代の旧友と、
雪が溶け始めている近所の公園に、あわてて出動。
近隣のこどもに越されるまいと意気込んでいたが、
甘かった
すでに足あと先手を打たれていた…。
あぁ…まっ白いところに、足あと手がた占領したかったな。

そのまま帰るのも何なので、
あたかも犬が歩いたかのような、
ニセ犬の足跡をいっぱいつけて(つくって)おいた 
あと如何にして、キレイな手形をつけられるかと訓練の意味で
これでもかと手形を沢山つけまくっておいた…のだが……何だか怖い(笑)!!
これは怖いぞ

ゆき
11:04 | つれづれ | edit | page top↑

本というもの

本という形が大好きだ。

なんというか、
まとまっている感じと、参考要素が詰まっている箱…という感じがたまらない。
そしてデザインされた装丁が、かなりとても相当なかんずく良い。非常に良い

好きな大きさは、A5判。
本自体の厚みが、1cm~2cmあるのが好ましい。
手に取るだけで、なんだかウキウキわくわくしてくる。
必要以上の期待を、その本1冊にかけてしまう。
そんなプレッシャーかけられて、本も迷惑であろう(笑)。

そして私は、資料好きでもあるので、
まとまり感の強い本であればあるほど、愛情が増す
部屋の本棚を見てみると、そんな感じの本が多い。というか、そればっかり。
小説や著者本は、基本的には ほとんど買わず、
図書館で借りたり、友人から借りたり。
買っても本棚に並べたくなくて、読んで頭に入れたらすぐに人に譲ってしまう。
買って何度も何度も 繰り返し読んでいる大好きな小説は、ごくわずか。

つまりは、
イメージやアイディアを引き出すのに役立つ本が、大好きなのである
辞書とか事典とか、図鑑とか画集とか…もう、大好き。

関係あるのか分からないけど(多分あるな)、
箱になにか詰めたり、ものを並べたり、エクセルで表にまとめたりするのも好き。
まとめオタクだ。それだ。

かといって、几帳面かというと、実はそうでもない(笑)。
制作中は、糸だの生地だの、アイディアデッサンの紙だので、
部屋中みごとに散らかる 
驚くほど。 というか驚く。

携帯や、ipadのようなタブレット型コンピューターを使う、
電子書籍云々という時代がやってきたけれど、
あれは画面上の文章や画像を読んだり見たりするのであって
『本を読む』行為ではない気がする。

“本”という名前は、
背表紙があって、本棚に並べることが出来て、
実際に手に取ることが出来て、表紙をなでることも出来て、
どこへでも持ち歩けて、バッテリーなんかなくても、電気のない場所に行っても
好きな時に好きなだけ開くことが出来、
紙という素材をつかったものだけが持つことのできる名称であって欲しい。

バレンタインデーの近い今日このごろ。
普段お世話になっている人へ、
大好きな友人たちへ、
そして、大好きな本という物たちへ。
溢れんばかりの愛情を捧げたいと思います 

花束と女の子
00:25 | 自己紹介 | edit | page top↑

でーたー

きりん

何度もすみません、しつこく告知です(笑)。
モチーフデザイン、色鉛筆画、フランス刺繍、クロスステッチ図案デザイン、
もひとつおまけにアップリケ…その他もろもろの制作を担当しました、
単行本『1000のクイックモチーフでつくるかんたん♪ハンドメイド』
本日発売されました 

関東では、本日店頭に並んでいる書店がほとんどだと思いますが、
関西の方は中旬から下旬に、並ぶみたいです 
本自体の初版第一刷発行日は、一応2月25日付けになっております。
偶然ってすごい。
これ、私の生まれた日でもあるんです。凄いね。嬉しいね。怖いね。
色々な意味で1つの節目、大きなスタートになる時期です。

上のキリン。
今回刺した200コ刺繍の中で、個人的に気に入っているベスト3の内の1つです。
いつも不思議なのが、
自分が気に入っているものと、他者が気に入って下さったモチーフ。
これが意外にまったく異なるということ。
10人10色。人の好みって実に様々。
その意外性から気付かされること、発見があること、
別の視点の存在から学ぶことがある。
面白いね。大切だね。怖…くはないか。いや怖いな。そうでもないか。

記念すべき今日という日に、何かしようと思ったが
特に記念になるような事が思い付かなかったので、とりあえず
髪を切ってみた 美容師さんにね。自分でじゃないよ?
12月に、肩より長かった髪をあごラインまで切って貰ったばかりだったので
さらに切ったら、当然もっと短くなる訳で…
ショートカットになりましたさ。ああ楽ちん  
これで作業効率もよくなる☆ 目指せ!丸坊主!(いや、これは止めておこう。)

最後に、この書籍の発売にあたり、
刊行を喜んで下さった方、
お祝いのメールを下さった方、
御友人に告知して下さった方、
応援して下さった方、
御興味をお持ち下さった方、
本をご購入下さった方、
そして 今まで私を支えて下さった多くの方々に
心より感謝申し上げます。
ありがとうございます。

上記の『目指せ丸坊主』から一気にムードが変わってしまいましたが(笑)、
抱えきれないくらいの感謝の気持ちを胸に、今日のブログをしめたいと思います
今後とも M<W(MKWorks)をどうぞ宜しくお願い致します。
23:36 | 掲載のお知らせ | edit | page top↑

ほーん!

ほん

ひと足はやく、『1000のクイックモチーフでつくるかんたん♪ハンドメイド』が
手元にいらっしゃいました
出版祝おめでと~てなわけで、
その場にいた関係者3名で即席うちあげ(打ち上げ時間3分)。
神田達磨のタイ焼きをごちそうになりました
あんこが実に美味です☆ビバ和菓子。

楽天やアマゾンでも現在、予約受付中のこの本。
表紙の手は自分なのですが、こう…あちこちで
見慣れた自分の手が出ているのを見ると
なんか変な気分です。作品でもない、顔でもない…『て』。
嬉しいやら恥ずかしいやら、気持ち悪いやら怖いやら。
身体の一部分のみが人目にさらされるって、へんなの

コンタクトCMの目モデルさんや、シャンプーCMの髪モデルさんらも、
こんな奇妙な感覚なんでしょう、きっと。
自分ではない。けど一応じぶんのパーツ。でも他者はおろか、
友人さえも一見分からない。
街あるいてて、
『あ!見て☆ あの人…そうじゃない?!
すみません手と一緒に写真撮って下さい』
なんて、まず言われない、絶対に言われない。
切ないので、表紙のと同じポーズを取って遊んでみたら、
余計切なくなったので、よいこの皆さんは、マネしないように。

さてさて、本のはなし。
宣伝ばかりしてもつまらないので、ちょっぴりこぼれ話
制作例としてブックカバーも作ったのですが、
そこで一緒に写っている本は、なんの小説でしょーか?
わたしの私物です。
著者は、我が敬愛する夏目漱石です。
小さな文字を読み取り、みごと小説タイトルを当てた方には、
京都をご紹介いたします。そうです、紹介です。
行きたい方は、自費でどうぞ☆ 

本の中のあちこちに登場する、私物。
いちばんのお気に入りは、ちゃぶ台です(笑)。
きっと分からない、絶対わからない!
みつかんない自信、あります。結構あります。

ヒントは、鍋敷きなしでティーポット置いたら
熱で丸い跡がついちゃった、ごめんなさいなちゃぶ台です。
不注意でした、ホントごめん。

というわけで、
2011年2月10日(木)に本屋さんに並ぶそうです
どうぞ宜しくお願い致します

●出版社:グラフィック社
●単行本:120ページ 全頁カラー DVD-ROM付き
●サイズ:A5変型判 148mm×210mm
●価格:¥1680(税込)
●2011年2月10日発売
23:46 | 掲載のお知らせ | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。