● MKWorksのホームページはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

短編の断片

RIMG0076.jpg

大好きな作家がいる。
ジャンルは特には無い。
その人の作る作品、文章、ことば、美術、空間、演技…すべてが大好きだ。

この人の作るものに初めて出会ったのは、1999年 高校3年生の時だった。
自分と同じ事を考えている、ど真ん中の人間がいたと、衝撃だった。
彼の好きな人物、つくる作品、紡ぐ言葉、巡らせる考えが
自分の好みとほぼ重なり、全く違和感がなく、いやそれ以上で
追いつきたくてどんなに努力を重ねても、全力で息を切らして疾走しても
汗まみれで ふと顔をあげると、彼は常にさらに先を走っている。
敵う訳がないその目標に、憧れと尊敬と、わずかなる嫉妬に似た感情を抱えながら
10年以上 目標でいる。

先日、大学時代の友人から1冊の本を貰った。
例の作家が書いた短編が数本乗っている冊子。
友人自身、その本を気に入っていたにも関わらず、
(他にも多くのアーティストが寄稿している)
私に譲ってくれた。
食事をして別れた後、家に着くまで我慢できず、
帰りの電車の中で本を開いた。
短編小説というより、言葉を駆使したパズルに近いその作品の解読に夢中で
危うく最寄り駅を下車し損ねるところだった…。

わずかながらの短文だが、
そこには やはり自分の目指していたものが、見事に形を成しており、
興奮と尊敬と焦燥感と愛情のあまり、泣きそうになった。
帰りみち、雨が降ってて良かった。
じゃなかったら、きっと湧きあがる感情を抑えきれず
全力ダッシュで走り出していただろうから。

『0から1は作れなくても、もがき苦しめば、0.1ぐらいは作れる。
必死になってやれば。
それを、10回繰り返せばいいんです。そうやって作ってます。』


生涯 追い続ける事になるだろうこの人に
私は 近付く事は出来るのだろうか。
フィールドは違うが、意識は同じ。
追い抜きたい気持ちと共に、いつまでも先を走っていて欲しい気持ちがある。
自分の目標であり続けて欲しいというのは、私の我儘だろうか…。
スポンサーサイト
15:55 | 好きな人たち | edit | page top↑

甘い味は幸せの味

10月2日に行われた、mf collection galleryさんでの刺繍カフェの教室風景が、
お店のブログにてアップされております 
➠➠ mf コレクションギャラリーさん

美味しいお茶とお菓子、優しい店長さんと生徒の方々。あぁ幸せでした☆
甘いものってホント幸せの味ですね。
お祝いごとや穏やかな時間には、いつも甘いものがそばにいるもんね

小学校以来 縁のなかった、虫歯という輩と最近再会し、
現在、歯科医に仲裁に入ってもらい、着々と別れ話を進めております…。
あぁ、情けない。大人なのに…。虫歯って……。
背を伸ばすために毎日飲んでる牛乳カルシウム効果は、
いったい何処へいったんだろうか。
(周りから『もう伸びない』と言われるが、私は諦めない
せめて、爆笑問題の田中さんぐらいあれば(155㎝らしい)、景色も変わるだろうに。
大学時代、撮影現場でレフ板もしくはガンマイク持って、
狭いところに入り込むのは、いつも私だった…。
小中学校の避難訓練のとき、机の下にもぐる速さが誰よりもスムーズだった。
ミニの良いところは、世界が人一倍広く見える
あとは、えーと…小回りが利く 低燃費 組体操でいつも一番上に乗れる♪
高いところ大好きな自分には、最高の特権でした。
そんな話で、締めくくる。
10:33 | 教室のようす | edit | page top↑

渋谷PARCO『クリエイターズ・マルシェ』 終了

渋谷PARCO 展示販売会『 クリエイターズ・マルシェ 』。
お陰さまで、作品販売も順調に 本日にて会期終了いたしました☆
ご来場下さいました多くのお客様、本当にどうもありがとうございました
今後も日々精進して参りますので、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

 ガーベラ
ホワイトチョコみたいな、ホワイトガーベラ 
17:41 | イベント | edit | page top↑

新宿オカダヤ ミニ展示☆

2010年10月20日(水
そうです、本日です★
本日より、新宿オカダヤ手芸店 本店にて、
刺繍アクセサリー2点を展示して頂いております。

 『ステッチidees vol.12発売記念 掲載作品展』
【期間】2010年 10/20(水)~11/12(金)
【時間】10:00~20:30
【場所】新宿オカダヤ本店 生地館1Fショーウインドウ(下から3つ目内)

お近くをお通りの際、もしお時間がございましたら
ふらりと寄り道して、実物を是非ご覧下さいませ☆
どうぞよろしくお願い致します
22:02 | イベント | edit | page top↑

高田みち子さん

何かに例えるとしたら それは、一粒の透明な水滴。
何色にも染まらず、
けれども どんな色をも映し出す。
優しく穏やかなのに、凛とした強さがある。 
シンガーソングライター 高田みち子さんの音楽と歌声を例えるなら
まさに透明度の高い、1粒の水滴である。

大好きなミュージシャンの1人に、高田みち子さんがいる(通称みっちゃん)。
高田さんの紡ぐ音楽はいつも、深層水みたいに不純物がなく、
耳を澄ませて聴き入りたくなる、深い深い色を染み込ませている。
人の持つ弱さ、強さ、ずるさ、尊さ、儚さ、可愛らしさ、悲しさ…
いろんな感情が少しずつ入っていて、
それは気付けないかもしれないぐらい 少しずつで、さりげない。
春さきに鼻をかすめる桜のかすかな香りみたいな、
あるいは、秋の夜風にのって聞こえる鈴虫の音色みたいに。

彼女の音楽を初めて聴いた時、
あまりの美しい歌声と歌唱力の素晴らしさに感動し、ショックを受けた。
…と同時にある記憶が甦ってきた。

小学校低学年の時、
夏のプールの授業で楽しみな事があった。
水中に潜ること。
ただ潜るだけ。泳いだり、沈んでるタイルを取ったりじゃなく、
水中でじっとするのが好きだった。
みんなのワイワイ騒ぐ声や、先生の笛の音、道路を走る車の音が
“せーの”で水中に没した瞬間、それら全ての音がかき消え、
しかし無音でもなくて、ゆるく重くにじみ響く、水中音。
現実の世界なのに、非現実の世界みたいで、夢の中にいるみたいで好きだった。
その世界を体感したくて 、自由時間になると友達と2人で
浮上しないように水中で体育座りして、じっと水中の音を聴いていた。
(いま考えると、よく友人も水中音鑑賞に付き合ってくれたもんだ(笑))

あの時の水中音に似た感覚が、彼女の音楽のリズムに垣間見えた。
自然界が生み出す音・リズムみたいな感覚。
耳から脳へではなく、耳から心へ向かう音。
そよ風の吹くかすかな音、雨の降る静かな音、
遠くで轟く雷鳴、葉の擦れ合うサワサワ音。
だからきっと彼女の曲は、浸透性が高く、心に深く染み入ってくるんだと思う。


ちょっと書くつもりが、こんなに長くなってしまった…
余談だが、うちの下の階に住んでらっしゃるお姉さんが、
高田さんに少し似ているので(眼鏡かけてるだけじゃん(笑))、
勝手に“偽みっちゃん”と呼んでいる。
(偽よばわりされて、お姉さんも不本意だろうに。)
このお姉さん、ホントに優しくて…
私はよく物を落とす(手が小さいから。手が小さいから)。
茶碗を拭こうとすれば、滑って落とすし、
味噌汁を作ろうとすれば、鍋の柄にひっかけて、熱湯状態の味噌汁かぶって
鍋ごと床にぶちまけちゃうし(大火傷だった…重症いっぽ手前)、
押し入れの上にある物を取ろうと、押し入れに乗ってたら
足場の位置を勘違いして踏み外して、思いっきり背中から落ちちゃうし…と、
実に下の階へ多大な迷惑をかけているのです
(居合わせているか分からないけど。)
だからマンション入り口でばったり会った時、
申し訳なさの余り土下座(嘘)で挨拶すると
笑顔で『こんにちは☆』と返して下さるのです
わーんごめんなざーーい
そんな偽みっちゃんは、近所のコンビニで働いていた事が先日たまたま判明。
もうコンビニへ足向けて寝らんないわ…。

さらに長くなってしまったが、
色々な記憶がよみがえる、秋という季節。
優しくも切ない風情ある季節には、高田さんの音楽がよく似合う。
21:54 | 好きな人たち | edit | page top↑

パルコ搬入完了!

プァルコ
先ほど、23時に搬入&ディスプレイ完了しましたーーーー。
イメージ通りのディスプレイにはなったかと 
パルコ

で、『クリエイターズ・マルシェ』はPART3の建物の5階。
この入り口からどうぞ。
パルコ PART3入り口

PART1の入り口から入っちゃっても、お店のある5階でPART3につながってるから、
どっちから入っても行けちゃうんですけどね☆
まったく便利な世の中だ(違うか…)。

作品用テーブルに加え、
手提げBag展示のために、キャンバスさながらの真っ白な壁へも
拡大させて頂きました
RIMG0051_20101015113543.jpg

レジの向かいテーブルの一番奥がMKWorksです。
この手提げバッグは、わたしが初めて個展をやった時から
いつも展示会場にはお供させているので、このバッグが壁にかかっているのをみると、
一気にグッと、展示会が始まるという実感が湧いてきます。

最初は6点で1シリーズだったのですが、
展示会を重ねる毎に1つ、2つとありがたく売れてゆき、現在4点。
嬉しくもどこか寂しいようなそうでないような、いや やっぱりそうのような。
おそらくバッグ系統は今後制作しない予定なので、
ある内にご覧頂ければ嬉しいです

明日から(あ、もう今日だ)1週間☆
作品が豊富にそろっている会期前半に、是非お越し頂けたら
もう幸いでどうしようと 浮かれます。大丈夫です、抑えます。

20100406_606462.jpg
クリエイターズ・マルシェ 』 展示販売会
in 渋谷PARCO


【期間】 2010年 10/15(金)~21(木)
【時間】 10時~21時
【場所】 渋谷パルコ PART 3 … 5階 (PART 1との連絡通路あり)
●PARCO 告知ホームページ
●PARCO 地図
※入場無料

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します
01:06 | イベント | edit | page top↑

渋谷PARCO目前

渋谷PARCO 『クリエイターズ・マルシェ』搬入まで24時間切りました
こういう時に限って、直前で問題がいろいろ発生(笑)。
1つずつクリアさせ、スケジュールを予定の軌道に戻せた ホッ。
明日のノルマも全部書き出した

ギリギリまで欲が出て、あれもこれもと思い付いちゃうけど、
それは次の機会に実現させるとして、今やるべき事を完璧にこなそう、そうしよう。

自分の目指す場所、尊敬する人のいる場所、幼い頃からの理想の位置。
寄り道いっぱいしながらも、進む方角はただひとつ。
着実なる1歩を重ねていきたいと思います。
さあ、残り21時間 最後の仕上げといきますかっ!

もしご都合よろしければ、お時間がございましたら、
ひと針ひと針を込めたMKWorks作品をご覧に、ぜひお越し下さいませ
本人等よりも物静かで可愛げのある、刺繍作品らがお待ちしております。

20100406_606462.jpg

クリエイターズ・マルシェ
【期  間】2010年10月15日(金)~21日(木)
【営業時間】10時~21時
【場  所】渋谷パルコ PART3…5階(PART1との連絡通路あり)
※入場無料
※出展者は会場にはおりませんのでご了承下さいませ。
00:13 | イベント | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。